アドラー心理学の子育て  課題の分離

皆さま、こんにちは。

Heartfuloneの鈴木千春です。

昨日は、小山市で行われたアドラー心理学の鈴木稔先生の講演に行ってきました。

その講演の中で、一番心に響いたことは、課題の分離です。

 

自分以外の人を変えることはできない。

たとえ自分が産んだ子供でも・・・

 

子どもの人生は子どものもの。

親の色に染めたりせず、その子らしく自立していけるように見守っていく。

親がやるべき事と子供がやるべき課題を明確にして課題を分離して考える。

 

いつか自立する時に困らないように口や手を出しすぎたりしないようにしよう。

(今まで色々手を出しすぎてな~と反省)

 

自立した時に困らないようにお手伝いもしてもらおう。

(家の家事ができると実は自信にもつながり、自立にもつながるんですって)

 

子供の個性によって獲得できる時間は変わるけど自立に向けて少しずつ少しずつ・・・

 

子育ての方針が変わるので、私の気持ちをしっかり子供に伝えて少しずつ変えて行こう。

人生は、いつまでも学びだな~

 

いろいろ考えさせられた実りのある講演でした。

 

鈴木先生、本当にありがとうございました。

 

やっぱりアドラー心理は、素敵です。

ママの心も軽くなり、子供にとっても幸せな事だと思います。

もっともっと学んでいき、次の世代の若いママやパパたちに伝えていきたいです。

本日もご覧いただきましてありがとうございます。

あなたとお子さんが幸せでありますように・・・

 

 

Heartfulone  鈴木千春

この記事をシェアする
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter