本当は幸せかもしれないねっ~

皆さま、こんにちは。

日本ハピママの鈴木千春です。

 

本日、小山市で開催されたアドラー心理学子育てセミナーに行ってきました。

 

私は、子育ての講師もしますが

色々学びたいので

自ら進んで、色んなセミナーにも出席します。

 

今日のセミナーではグループセッションがありました。

 

そこで始めてお会いしたママたちに

私の話が良かったと、

私が開催するセミナー「日本ハピママ」に出席したい!とお話を頂きました。

 

ありがたい事です。

来年の3月から行う予定です。

このブログでも告知しますね~

 

私の体験談や心理学で学んだ考え方を

お伝えするのは、本当にやりがいのあることで

私にとっても、幸せを感じる瞬間です。

 

 

さあ、今日の本題です。

 

先日、私が開催するセミナー「日本ハピママ」を

ワークショップ形式で行いました

 

「あなたが、幸せに感じる時ってどんな時?」

 

のテーマで考えていただく時間もありました。

 

5分で考え、2分間ずつ各自で発表して頂き、

皆で感じた事を話しました。

 

皆さんは幸せに感じる時ってどんな時ですか?

普段の生活では、

なかなか深い所まで考えないですよね・・・

 

でも、幸せに気づく事は、大切な事です。

 

本当はみんな幸せなんですから・・・

ただ、多くのママたちが幸せに気づいていない。

 

あるママが言って下さった言葉が印象的でした。

 

いつも同じように

料理をつくり、

掃除したりしている時が幸せです。

 

あっ、そうか・・・

 

当たり前にできているから

見過ごされやすいし

時には、お手伝いさんがいてやってくれればいいのに・・・

なんてブツブツ言いっていた私。

 

ここからは、幸せは生まれないのですね・・・

 

いつもの事が

いつものように出来る事に感謝しようと

考え直しました。

 

続いては、私のアドバイス 🙂 

 

自分を褒めるクセをつけてみましょう~

 

今日も家族のために料理をつくった私はえらい!

セミナー出て学んだ私はえらい!

子供の世話をしている私ってすごい!

 

と声に出していってみましょう~

イエスキリストも

初めに言葉ありき、とおっしゃっています。

照れくさくても

バカらしくても

まずは、小さなことから自分を認めて、褒めてみましょー。

 

 

そうすると

誰に褒めてもらわなくても、

自分が、自分のよくやっていることを

理解しているので

人からの賞賛はいらなくなります。

 

不思議に心が満たされてくるものです。

 

まずは、

他ではなく

自分で自分の事を

認め賞賛する幸せクセをつけましょうね・・・

自己受容がやっぱり大切とアドラーも言っていますよ。

 

今日もご覧いただきましてありがとうございます。

 

あなたとご家族が、今日も幸せでありますように・・・

 

Heartfulone  鈴木千春


自閉症児育児 ブログランキングへ

 

この記事をシェアする
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter