悲観しない生き方 子育て講演  栃木  ハピママ

皆さま、こんにちは。

ママサポーターの鈴木千春です。

毎日暑いですが、いかがお過ごしですか?

 

今日は、あなたに幸せ道を歩いて頂きたいのでお伝えます。

 

同じ出来事でも

2通りの考え方があるって知っていましたか?

 

どちらを選ぶかによって

進む道に大きな違いが出てきます。

 

不幸道か幸せ道。

 

やっぱり幸せ道を歩いていきたいですよね。

 

私にとって予想もつかない大きな出来事は、

長男が障がいを持って生まれてきた事でした。

 

長男が自閉症という障がいを持って生まれてきたことは

とてつもない悲しみでした。

 

やっぱり母親は、元気で健常児の子供であってほしいと願います。

五体満足で、その他の障害もなく・・・

と願いますよね。

 

障がいイコール不幸と思いがちです。

 

だから、私もわが子に障がいがあると分かった時は

ひどく落ち込みました。

 

でも、最近は

長男がその特徴を選んできたのだから

このままでいい。

このままで幸せなんだと思えるようになりました。

 

そして、障がいのある長男の存在は

私を大きく成長させてくれました。

 

以前の私よりは、人として深く、柔らかくなれました。

すべて受け入れ学びなんだな~と思うと良い方向に行きます。

母親の私がそう思う事で、荒れていた長男もすごく落ち着いてきました。

このことから母と子はつながっているな~と感じます。

 

 

一見ショックな出来事も考え方によっては

大きな学びとなりますから大丈夫です。

大きく学べる材料が、ただやってきただけなんです。

 

だから、慌てなくてもいいんです。

もちろん落ち込まなくてもいい。

 

 

その学ぶ事は、人それぞれ違うから

人によって起こる出来事は、それぞれ違います。

 

 

学べるっていう事、

成長できる事は、

人として一番素敵な事だと思うのです。

 

人は、成長するために

この世に生まれてきたのですから・・・

 

学ぶためにすべての事は起きるんだと思うと

本当に受け入れやすいです。

 

本日もご覧いただきましてありがとうございます。

あなたもお子さんも幸せでありますように・・

 

ママサポーター  鈴木千春

 

この記事をシェアする
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter