理解のある環境が、子供を成長させる

先日、自閉症の長男とともに

成人を祝う会に親子で参加してきました。

 

20歳になった長男。

ともに学んだ友人達との集まりに

長男も楽しそうでした。

 

私は、ママたちと

たくさん話に花を咲かせ

久しぶりにお会いした先生方に

感謝の気持ちを伝えることができた

あたたかい時間でした。

 

その会に参加して分かったことは、

自閉症の子たちは

無理をさせないことが大切だということです。

 

 

そうなんです。

幼い時から無理をさせない子のほうが

成長していることが、分かりました。

 

特別の支援を受けながら

無理なく

丁寧に育てられた子は

穏やかに

その子らしく成長しています。

 

 

普通の子に少しでも

近づくようにと

無理をさせたり

無理な環境に身を置いていた子は

いつまでも落ち着かない現状があります。

 

 

このことからも

無理ない環境で

プロの先生にみていただくことが

本当に大切になってきます。

 

 

無理なく、

無理なく。

 

無理をすると

やはり壊れる時がきます。

 

世間体や

見栄は、

手放しませんか?

 

 

 

 

 

この記事をシェアする
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter