よこの関係  アドラー心理学  親子で幸せ道を歩いていく

皆さま、こんにちは。

日本ハピママ協会の鈴木千春です。

 

アドラー心理学って愛がいっぱいの考え方なんです。

今日は、よこの関係についてお伝えします。

 

ゼロ歳の子どもであっても、

あるいは痴呆老人であっても

あるいは精神分裂症の患者さんであっても、

外国人であっても、

違う宗教の人であっても、

そのような事は一切関係なく、

相手が人間であるかぎり、

まったくの対等の仲間として、

一緒に暮らしていく協力者として尊敬する

(アドラー心理学会長 精神科医の野田俊作先生の

続アドラー心理学トーキングセミナーという本から引用させていただきました。)

 

持って生まれてきたものは違うけど

それぞれ大切な命。

大切な人。

尊敬し学びあえる人。

 

現に、私は自閉症の長男からいろんなことを学ばせてもらっています。

過酷な運命をひきうけて

それでも、毎日毎日

懸命に生きている。

 

それだけで、素晴らしい

生きていくってすごいな~

 

そう考えていくと

町ゆく人々が

本当にいとおしくなる瞬間があります。

 

人間に上下はなく

みんなよこの関係になれば

戦争とか

いじめとか

悩みとか

なくなるんだろうな・・・

 

あなたもお子さんと

よこの関係で生きていきませんか?

 

お子さんも

お子さんなりに一生懸命考えています。

 

聞いてあげてくださいね。

自分の意見を押し付けるのではなく

「どうしたいの?」

「どうしたらいいかな?」

と、ちょっと優しく聞いてみて下さいね。

 

言葉がないお子さん

なかなか上手くしゃべれないお子さんには、

ママはたいへんだけど

注意深く見て

何を欲しているのか?

サインはないか?

何が嫌なのか?

声なき声に耳を傾けてくださいね。

 

そんな優しいあなたを神様は、きっと応援してくれます。

 

でも、慌てないでくださいね。

 

最初から

うまくいかなくても大丈夫です。

 

少しずつ少しずつ

ママも成長してみませんか?

 

私はあなたを応援しています。

 

 

今日もご覧いただきありがとうございます。

あなたとお子さんが今日も幸せいっぱいでありますように・・・

 

日本ハピママ協会

代表  鈴木千春

 

 

この記事をシェアする
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter