発達障がい児の子育て  大切な事  子育て講演  

皆さま、こんにちは。

鈴木千春です。

 

今日は、私の体験談からお話をさせて頂きます。

「あれ?他の子と違うかも・・・」

と不安になってから、診断まで相当辛い思いをした私。

 

同じ立場の方々なら多かれ少なかれ、

ショックだと思います。

 

ちなみに

私は悩み食べれず、体重も7,8キロ減り痩せました。

夜も眠れず

周りの子が羨ましくてしょうがなかった・・・

 

当時の事を振り返ると

やっぱり不安だったのです。

 

障がい児も周りいなかったし

この先、どうなってしまうのか?

障がいイコール不幸のように思えて。

 

心配なことばかり・・・

 

その心配な思いを抱えたまま子育てがスタートしました。

 

ただでさえ

始めての子育てって不安ですよね・・・

 

今は核家族も増え

(私は主人の転勤で実家から遠く離れています)

情報ばかり多く

(本当は、会って話す方が心が軽くなるような気がします)

どんどん辛くなりますよね。

わたしもそうでした・・・

 

 

でも、このブログを読んでいるあなたが

心配で押しつぶされそうだったら

私は、お伝えしたい。

 

きっとだいじょうぶよ!

 

わたしも辛い時があったけど、

大丈夫だったから・・・

 

でも、早くこの悪いスパイラルから

抜け出してほしいの。

 

だってママが元気だと子供が幸せだから・・・

 

漠然と

不安な方も多いと思うから

心が軽くなる事をお伝えしますね。

 

今、自閉症の長男は19歳。

福祉作業所で楽しくイチゴ作りをして働いています。 

 

長男が19歳になってこの事さえできれば

生きていける!という事が分かったの。

 

まだ、小さい発達障がいをお持ちのママの参考になると嬉しいな~

 

 

・身辺自立(女の子は生理も始まるし、男の子は男性特有の事も含みます)

・人にお願いが出来る(しゃべれなくても、他の人にお願いをする方法を見つける)

・自分の事が好き、人が好き

・最小限の社会的ルール(人前で大声を出さないなど)

 

この事を

人によっては40歳、

人によっては25歳、

いや人によっては50歳

私達が死ぬまでできればいいな~という長い気持ちで行うといいと思います。

 

焦りは禁物!

 

時間をかけましょう。

 

障がいがあるという事は

他の人の力を借りて良い!という事。

 

でも、先ほどの4つ。

特に身辺自立は大切ですので

時間がかかってもできるといいな。

 

その他にも

時計が分かるといいな~

とか簡単な計算が出来るといいな~

とも思いますが、

でも、できなくても大丈夫です。

 

幸せに生きていくことができます。

 

だから、カリカリしないでね、ママ。

 

だいじょうぶよ。

 

色んな人に助けていただきながら

人ってこんなに温かいんだ~

有り難いな~と人間がきっと深くなります。

 

私は自閉症の長男のおかげで

・人に頼る事(私は相当な頑固ものでした)

・人に感謝をする事(助けていただくことが多いので学びました)

・人を深く愛すること

・素敵な人に出会うこと

 

色々いいことがありました。

だから、何度も言いますが

 

だいしょうぶよ。

 

その子には、その子の輝く場所があるから・・・

 

 

月に1度、栃木県栃木市で

ハピママというセミナー開催しています。

お近くの方はぜひいらしてください。

多くの方に参加していただきたいので

参加費は500円(お茶代お菓子代を含みます)

 

次回は11月8日(火)・・・時間は10時から

場所は栃木市の大宮公民館(栃木市 大宮公民館と検索してください)

次回のテーマは「私の未来、子供の未来について」

 

1人の多くのママの幸せのために精一杯お話させていただきます。

お茶を飲みながら、楽しい話し合いの時間もあります。

お一人での参加もOKですので、気軽にお越しください。

 

発達障がいをお持ちのお子さんのママ

健常児のママだけど元気になりたい方

子育てや旦那様の相談をしたいママ

 

 

お待ちしています!

気軽にいらしてくださいね。

 

 

本日も最後までご覧くださりありがとうございました。

今日もあなたが幸せでありますように・・・

 

Heartfulone   鈴木千春

 


自閉症児育児 ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

この記事をシェアする
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter