自閉症の子育て・・・夫婦の絆

皆さま、こんにちは。

Heartfuloneの鈴木千春です。

 

18歳になる自閉症の長男が荒れていた時の事。(最近まで荒れていました)

何を言っても、もう通じない・・・

直そうとすればするほど、どんどんエスカレートしていく。

そんな時、主人とよくこんな事を言っていました。

 

「我が家の社長がおっしゃることですから・・・しょうがないね」

わが子と思うとイライラしてくるので、自閉症の長男を社長と言っていた。

 

最近まで、長男の思春期の精神的なアップダウンに苦しんでいました。

 

でも、こんな時期だからこそ笑って過ごしたい。

 

長男の精神的なアップダウンにつられることなく

「また社長が、怒っていらっしゃるわ~」と言ってみる。

 

社長と言うと腹も立たなくなるから不思議でした。

主人と「今日の社長もご立腹です」

と顔を見合わせながら笑いながら話す。

 

こんなときなんだろうな・・・

夫婦の絆が強くなる時は・・・

 

長男が健常児で、子供二人とも定型発達だったら、こんなにも夫婦の絆は強くなっていなかっただろうな。

そう思うと、これで良かったんだとしみじみ思う。

 

そう、人生には無駄がない。

一見、不幸に見える事も振り返ってみると幸せの種だったりする。

 

笑ってさらりと受け流すと長男の状態も良くなってきた。

どうしようもないイライラで親を苦しめているのは、長男も痛いくらい分かっているのかもしれない。

 

どんな時も笑い、学んでいきたいな。

 

本日もご覧いただきありがとうございます。

あなたも笑顔で幸せでありますように・・・

 

Heartfulone  鈴木千春

 

 

 

この記事をシェアする
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter