アドラー心理学 幸せになるために必要な3つの条件

今、流行のアドラー心理学を皆さんは

知っていますか?

 

1870年生まれの

オーストリア出身の精神科医で

フロイト、ユングに並ぶ3大巨頭の心理学者の一人と言われています。

 

嫌われる勇気という

本がベストセラーになったことで

日本にもアドラーの考え方が広まりました。

 

私もアドラーの考え方は

好きです。

 

だって

愛がある。

 

大きな幸せを感じることができるから・・・

 

では、まずアドラーが考える幸せになるための

3つの事について

お話しますね・・・

 

・自己受容

・他者信頼

・社会的貢献

ができると幸せになれるとアドラーは教えてくれています。

 

まず、自己受容は

自分のことが好きだといえること。

 

私のブログでも書いていますが

私はこのままの自分が好き!とまず言えることです。

 

これが、

なかなか難しい人もいますよね・・・

 

分かります。

 

私もそうでしたから・・・

 

でも、

自分で自分のことを満たすことができれば

誰にも頼らず

幸せになることができます。

 

人に幸せにしてもらおうと思っていると

なかなか幸せになれない。

 

先日のブログにも書きましたが

まず、今の自分のままでいいと

自分に許可をだしてみましょう。

 

そして、見逃している幸せに気づいてみませんか?

 

案外、幸せはあなたのそばにあるんです。

 

次に、過去でもなく未来でもなく

今、この時間を大切に生きていきましょう。

未来の不安や過去の後悔にとらわれないで

この瞬間を大切にしていくことも大事です。

 

自己受容については

セミナーでもたくさんお話していますが、

なかなか自分のことが好き!というママが少ないです。

 

大丈夫です。

 

少しずつ変わっていきましょうね・・・

 

自分が好き!といえると

周りの人たちのことも

自然に受け入れられるから

不思議ですよ。

 

今日もあなたが幸せでありますように・・・

 

日本ハピママ協会

鈴木千春

 

この記事をシェアする
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter