子育てで大切なこと・・・育てにくいお子さんをお持ちのママ、パパへ

皆さん、こんにちは。

Heartfuloneの鈴木千春です。

 

昨日は、子供のそのままを受け入れるについてお話しました。

でも、色々な個性を持って生まれてきますから、受け入れるのがちょっと大変な子もいる。

 

たとえば、わんぱくなお子さんは、よくいたずらをして目立ちます。

ママも先生から注意をうける事も多いでしょう。

 

私も長男には、発達障がいがあるので、よく先生からも「○○ができません」とか「○○で困りました」と言われた記憶があります。

そのたびに、若い私は落ち込んでいました。

 

みんなと同じことが、できない我が子を見て分かっているけど、悲しくなったり・・・

 

私の育て方が悪いんだろうか?もっと良い方法があるんじゃないか?

と苦しくなってきたのです。

 

そうすると、知らず知らずのうちに我が子を責めるようになってしまうのです。

 

先ほども、申し上げましたが子供は色々な個性を持って生まれてきます。

幼稚園、保育園、学校という集団生活に適さない子もいます。

ママやパパはそのたびに傷つくこともあるかもしれません。

 

だけど、そんな時に自分自身を責めるのはやめて下さいね。

あなたは、あなたが思っている以上にがんばっている。

誰も分かってもらえなくても、私はあなたが、がんばっていると感じます。

 

もう誰かと比べるのはやめましょう。

それぞれの成長の仕方は違いますが、皆んな成長していきます。

 

その子なりの成長をゆったり見届ける事ができれば、ママは幸せですよね。

成長の度合いは、ママやパパが決める事はできませんけれど・・・

 

だいじょうぶです。

みんなそれぞれの速度、それぞれの方法で成長していく。

 

ママやパパの焦りは、間違った危険な方向に導いてしまうから、気をつけて。

だから、自分を責めないでください。

 

焦っていませんか?自分を責めていませんか?

大丈夫ですよ。肩の力を抜いていきましょう~

 

今日もあなたが幸せでありますように・・・

 

Heartfulone   鈴木千春

 

この記事をシェアする
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter