子育ての最終目標は何ですか? アドラー心理学

皆さま、

日本ハピママ協会の鈴木千春です。

 

今週、ずっと風邪をひいていましたが、

明日から司会のお仕事が3連日であるので

気合いを入れて復活します。

 

ところで、皆さんの

子育ての目標は何ですか?

子供がどんな風になってくれると嬉しいですか?

 

アドラー心理学では

子育ての目標を

1、自立すること

2、社会と調和して暮らせること

 

と教えてくれています。

 

そうですよね・・・

 

子供が巣立っていくのは

寂しい気もしますが

いつまでも親のスネかじりでは

死ぬに死ねない。

 

障がいのない方はもちろんですが、

たとえ障がいがあっても・・・

 

障がいがあるから

自立できないじゃなくて

 

障がいがあっても

いろんなサポートを受けながら

親元をいつか離れ

幸せに暮らしていくことを

目標にしていきたいな。

 

アドラーの言うように

自立、社会と調和を目標にしていきたい。

 

たとえば、

ありがとうが、言える。

 

言えなくても

頭を下げて意思表示ができる。

 

大勢人がいて

大声を出していけない所では、

じっとしている。

 

そして

何よりも

身辺自立。

 

今、できなくとも

あきらめないで

ゆるやかに

できるようになるといいな。

 

目標設定って大切です。

 

自然にその方向に行くようになっているから。

 

自閉症の長男も思春期に

荒れに荒れて大変でしたが、

目標設定をしました。

 

まずは、状況を受け入れ

5年後には

作業所で働けるように、

 

10年後には

サポートをして頂きながら

自立するという目標を立てました。

 

働けるようになるのは

5年計画でしたが

1年も経たないうちに

いちご栽培の仕事を行い

作業仲間と日々楽しく過ごさせて頂いてます。

 

どんな時も

あきらめず

目標をしっかり持ち

お子さんと一緒に幸せ道を歩いていきませんか?

 

もっとも重要なことは、どこからではなくどこへである  

 ~アルフレッド アドラー~

 

過去に原因を求めて嘆くのではなく、目的を持って前へ進んでいきませんか?

 

本日もご覧いただきましてありがとうございます。

あなたとお子さんが今日も幸せでありますように・・・

 

日本ハピママ協会

代表  鈴木千春

 

この記事をシェアする
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter