子供の声なき声に耳を傾けてみませんか?  子育て講演

皆さま、こんにちは。

日本ハピママ協会の鈴木千春です。

 

昨日、自閉症の長男が久しぶりに怒った。

「ねえ~、弟の事は好き?」

という私の質問が気にいらなかったらしい・・・

 

もともと

質問されるのは嫌いな長男。

機嫌が良かったので

つい私も気が緩んでしまった。

 

なぜ、この質問が、嫌だったのか分からないが

(楽しそうに答える時もあるので・・・)

とにかく怒りの地雷を踏んだことには

間違いがなかった。

 

地雷を踏むと

1時間でも2時間でも

しつこく怒ってくる長男。

 

でも、ここでも

アドラー心理学で学んだ事を

使ってもみる。

 

 

まずは

問題行動に注目しない。

 

今までは

なんとか

この問題行動をなくさせよう!

と思っていたのだか、

しつこく怒ってきても

目もあわさず取り扱わない。

 

そのうち

根負けして

少しずつ声が小さくなる。

 

なので、つかさず

別の事で勇気づけてみる。

 

「今日、大志が作ったイチゴ食べたよ~

美味しかったな~」

 

すると、なんだか

嬉しそうな顔になった。

 

声掛けのタイミングを間違えると

より怒りが爆発するから

すこし怒りがおさまったタイミングが

大切だ。

 

相手の事を

見ていると気づかれずに

よーく見ていく。

 

相手の立場になる。

 

これって意外に難しい。

 

随分

自閉症の長男に

鍛えてもらったな~

 

そしてもう一つ

気づきがあった。

 

そのあと

私がいるリビングで

横になり休んでいた長男。

 

帰ってきた主人との

会話を聞いているようだった。

 

 

以前なら

怒りつづけた長男の話題を

主人に話していた私だが、

昨日は一切言わなかった。

 

それより

家の手伝いをしてくれたこと

長男の作ったイチゴが美味しかったこと

を話したら、長男は安心したように横になったまま眠った。

 

きっと

長男だって

辛いのだろう・・・

 

もしかして

こんなことで怒ってしまう

自分の事を責めているかもしれない・・・

 

脳の構造上の違いで

いろいろ不便な思いをしている長男だが

やっぱり家族の中で、

そして社会の中で居場所を見つけている。

 

人間ってやっぱり所属したいんだな~

これは、本能的に思うんだ!やっぱり・・・

 

そして

長男の心の痛みが少しわかった気がする。

 

しつけと言う名の

刀をふりかざしてきた私だが、

これからは、その刀を置いて

長男の心の声に

私の心を傾けていきたいと思う。

 

こんな風に

思えるのもアドラー心理学を

おかげだ。

 

本日もご覧いただきましてありがとうございました。

 

今年の4月から

第1火曜日に子供と幸せに生きるセミナー~アドラー心理学とともに~を

小山市で開催します。

 

第1回は

4月11日の10時から

場所は栃木県小山市の公民館「ゆめまち」です。

参加費は500円

 

お問い合わせはinfo@heartfulone.jpまで

お気軽にどうぞ 🙂 

お待ちしています・・・

 

日本パピママ協会

鈴木千春

 

この記事をシェアする
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter