子育てで大切な事・・・ありのままの子供を受け入れる

皆さま、こんにちは。

Heartfuloneの鈴木千春です。

子育てで大切な事は、ありのままの子供を受けいれる事だと思うのです。

 

子供によっては、人から好かれやすい子、好かれにくい子。

何でも良くわかる子、なかなか理解できない子。

集団が苦手な子、誰とでも仲良くなれる子。

障がいがある子、障がいがない子などなど

さまざまなタイプのお子さんがいます。

 

育てやすい子だと受け入れやすいですが、難しいタイプのお子さんだと受け入れにくい。

 

それが、たとえ親でも、いや親だからこそ受け入れがたいのかもしれません。

分かります、分かります。

 

長男は、自閉症という障がいを持って生まれてきました。

障がいの特性から皆と同じことができない。

先生からも注意を受け、焦ってみたり悩んでみたり・・・

だから、いつもこのままじゃダメだ!と思っていました。

でも、その気持ちが、子供に伝わってしまうんです。

たとえ口では言わなくても「これじゃダメだ!」と思っていることが。

 

最近は、私も学び、心に余裕が出てきたので、自閉症の長男にも

そのままでいいと自然に思えるようになりました。

 

すると、あんなに教えてもらう事が嫌いだった長男が、最近「教えて~」と言えるようになりました。

覚えさせよう! 学ばせよう! と思っていた時は拒否反応を見せていたのに、

そのままでいいんだよとまず受けいれたら、すこしずつ変わっていったのです。

 

でも、よく考えたら、私達も受け入れてもらえると安心して前に進められますよね。

変えよう変えようと知らず知らずのうちに焦ると上手くいかないんです。

 

そのままでいいを受け入れることができたら、幸せ道が広がっていきます。

明日は、そのままでいいと思える幸せ思考についてお伝えします。

 

本日もご覧いただきましてありがとうございます。

あなたとあなたの周りの方々も幸せでありますように・・・

 

    Heartfulone  鈴木千春

この記事をシェアする
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter