子育てセミナー  アドラー心理学  「課題の分離」

皆さま、こんにちは。

ママサポーターの鈴木千春です。

 

本日の子育てセミナーでもお話しました

アドラー心理学の「課題の分離」について書かせてください。

 

その責任はだれがとるの?

たとえば、子供が宿題をやらない場合、

学校で注意を受けるのは子供ですから子供の責任です。

 

なので、子供が宿題をやっていかないのは

もちろん子供の問題です。

 

でも、今の日本

先生は親御さんに

「子供に宿題をやらせてください!」

と親が注意うけることがありますが、

これは違います。

 

あくまでも子供の事。

 

この課題の分離をすると

イライラが少なくなります。

 

親子で課題の分離というと

放任と間違えられそうですが

それは違います。

 

助けを求めてきたときは

一緒に考えてあげたり

サポートできる体制でいてあげると子供も安心です。

 

「助けて~」と言えることも大切な事です。

 

その課題の結末は誰の責任か?

 

親子の場合、課題の分離はとても難しいけど

子育ての目標は、子供が自立することですから

課題の分離は、とても大切です。

 

親が、あまりにも手出しをすると

子供の成長の機会を奪う事になります.

(黙って見守る事ができるといいですね~)

(私もなかなかできないので、言い聞かせています。はい!)

(すぐには変れないけど、知っていると知らないでは大きく変わります)

 

課題の分離って大切。

 

子供は、自立する。

自立しないで30歳、40歳になっても親のすねかじりは嫌ですよね。

 

たとえ障がいがあっても自立が、目標です。

周りの方々に支援していただきながら

親元を離れていきます。

 

だって、私達は子供より先に死んでいくのですから。

 

その時が来たら子供の事が心配で・・・とは思いたくないです。

子供も自立して楽しそうで・・・と安心して死んでいきたいです

 

なにより子供が成長したときに時

自ら考え行動できる人になっていて欲しいですから・・・

 

自分で決めることが出来て、嬉しい。

自分の事が好き。

自分の事を分かってくれる人がいる。

 

人生って楽しいな~

 

そんな風に思ってくれれば

最高です。

 

子供が成長した時の事を考えると

課題の分離も大切だなってつくづく思います。

 

本日もご覧いただきましてありがとうございます。

あなたとお子さんが幸せでありますように・・・

 

Heartfulone      鈴木千春

 

この記事をシェアする
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter