19人殺害から学ぶ自己受容の大切さ

皆さま、こんにちは。

ママサポーターの鈴木千春です。

 

19人もの多くの障がい者の命を奪った犯人は、精神疾患があると思わざるをえない。

出頭後の微笑みを浮かべながら輸送されるシーンからも伺える。

措置入院もしていたとニュースで知った。

大麻の反応も出ているという事で複数の原因も考えられるようだが・・・

 

犯人は、教師を目指し、大学まで出ていて、

明るい性格だったとニュースで見たが

どうして普通の人が、こんなにも豹変してしまうのだろう。

 

とても悲しくなり知り合いの精神福祉士の方に伺った。

「どうしてこんな凶悪な事をする人に変化してしまうのか?」と。

「何か共通の事は、あるのか?」と。

 

すると、

「共通の事はないが、成人近くで精神疾患を発症したり、うつ病を発症されたりする方は

自己肯定感が低い方が多い」と伺った。

(そして、まじめで心が優しい人も多いと伺った。また、風邪をひきやすい人がいるように、ストレスなどで発症しやすい人もいると伺った)

 

そうか!

こんなにも自己肯定感が大切なのかと思い知らされる。

 

子供を育てていく中で

子供が自己肯定感をつけていくことは

やっぱり本当に大切な事だ。

 

ありのままの自分が好き!

 

私は、自分の気持ちを大切にしている!

 

自己肯定感を持っている子は

精神疾患になりにくいなんて知らなかった。

 

自己肯定感のある子に育てる!

改めて子育ての中心に置いておきたいな。

 

自分自身の気持ちを大切にできる人は

人の気持ちも事も大切にできるから。

 

 

子育てに対する大切な事は

学校でも教えてくれないし

自ら学ぶことが大切になってくる。

 

特に、核家族化が進み

先人の方々の身近な知恵を直接、受けることが少なくなってきているから、

経験者として微力ながらも

伝え続けて行きたい。

 

そして、子供に自己肯定感を持ってもらうためにも

やっぱりママ自身が自分の事を好きあってほしいな~

 

あなたは、あなたのままでいい。

 

でも、こんなことを言う私も何年か前までは、

この自己肯定感を大切にできないでいましたよ。

 

家事に子育て、仕事にと必死に明け暮れ

自分自身の気持ちを大切にすることなんてしていなかった。

 

でも、今はアドラーを学んだり

その他の自己啓発を学び、

少し成長できた。

自閉症の長男からも色々学ばせてもらっている。

 

本当に幸せだなと感じることが多くなってきた。

そして、ママが幸せだと自然に家族は、幸せになるから。

 

一緒に、学んでいきましょう~

学ぶって、意外に楽しい。

私は、いつもあなたを応援しています。

 

ママサポーター   鈴木千春

この記事をシェアする
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter