そのままの自分で自分らしく生きる

皆さま、こんにちは。

Heartfuloneの鈴木千春です。

 

自分の名前にもある春の季節。私は大好きです。

花も緑も美しく、この日本に生まれてきて本当に幸せだな~と感じます。

 

春と同じく、私は自分らしく!という言葉も好きです。

 

私の司会事務所のメンバーにも、「自分らしく輝いて司会をしてください」と言います。

司会者を育てる時も、基本のナレーションなどは教えますが・・・

その後は好きなようにアレンジしてもらったり、その人らしくを大切にしています。

 

人は、顔が違うように、それぞれ違う。

その違いを間違っている!とか同じように!などと強制しないと自分も楽です。

柔らかい心で、楽しい気持ちで・・・

 

この違いを受け入れるためにも、自分自身にOKを出していたいです。

そのままでいい、このままでいいと、まずは自分を受け入れてみる。

そうすると心に余裕が生まれて他人にも寛容になれます。

 

ママも自分自身の事を受け入れられると自然に、子供のありのまま姿を受け入れられますよ。

子育てで大切なことは、実はママが、まず自分自身を受け入れる事だったんですね。

 

時には、あたたかい春の風に包まれて、自分自身の事考えてみませんか?

 

本当は、私は何がやりたい?自分を偽っていませんか?

 

自分の本当の気持ちに気づいてみてください。

そのままの自分をまず受け入れて、自分らしく進んでみませんか?

 

今日もあなたが幸せありますように・・・

 

Heartfulone  鈴木千春

この記事をシェアする
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter